土曜日, 7月 09, 2005

ヴィーナス

今日、自販機の前でメッカに祈ってる人を見ました。

それで、ちょっとだけイスラム教の信者になろうかと思った。クリスマスとかないし。


どうも、クリスマスは家に居たくない。が本音のperoです。



夏になると、大体フルチンで居間にどてーっとしてる事が割と多いです。

普通の男ならTシャツ+トランクスとかのゴールドクロスを身につけてるんでしょうが、


僕は、大体フルチンです。悪いやつらは大体フルチンです(大嘘


まぁ、ブッサイクな奴の全裸なんか見てもおもんないですからね。家族は特に何とも言いませんが、


妹だけが、「貧相なもんぶら下げてからに…」と爆弾発言をかましてくれたので
心に大きな溝が出来た。



一般家庭の皆様には想像すらおぼつかないと思いますが、家にはエアコンがないです。

だから、家中みんなが裸体の嵐ですよ。


父:トランクスのみ

母:パンツのみ

兄:トランクスのみ

僕:全裸

妹:全裸



~家族の会話~




兄「ええかげん…エアコン買おうや…」

父「ボーナスまで待てや…」

僕「どーする、アイフル~」

一同「それおもんないなぁ。」

妹「粗チンは黙っとけや。
本当暑い…」



妹に粗チン扱いされながらも、一家団欒のひと時を送っていたその時。




ピンポーン




兄「あかんがな、誰が出るんなら。」

僕「ワシは嫌じゃ。」

一同「お前しかおらんじゃろ。」

僕「もうええ、服着ずに出たる…」




全裸で玄関まで向う僕…


ツヨシ君「こんちぁーっす。○○(妹の名前)いますか?」


ああ、妹の彼氏か…ええ格好してからに…イケメンの格好やん…


僕「今、ここおるけど、上がらん方がええとおもうよ…」

ツヨシ君「どうして?」

僕「なんでも…」

ツヨシ君「大抵の事なら驚いたりしないですよ。」

僕「ほんじゃな、もし仮に俺が全裸だったら驚く?」

ツヨシ君「話が極端だー(笑いながら)まぁ、それくらいなら。」

僕「ほんだら、あがってくれや…」




ドアを開けてツヨシ君を家に入れる。

ケツに微妙に力を入れておくとなんかマッチョに見えるのでそうしておく。


ツヨシ君はというと、散弾銃食らった鳩みたいな顔してるけど、全く気にしないよ。僕は


ちなみに、雨が酷くなったので今夜は妹の部屋に泊まるらしいです



とりあえず、僕も彼女欲しいんですが、誰か立候補するひと居ない?(全裸で語りかけながら)



【今日の一曲】


Elvis Presley--Love Me Tender


エルビスって言ったら派手な衣装着てウッギャー!!
な感じのノリノリな曲を想像する方が多いかと思いますが、これはバリバリの超有名バラードです。

彼女がいる人とかは弾いてみるとイチコロだって僕のバンド仲間が言ってましたよ。


まぁ、僕には一生つかい事がない歌ですねあsdfghjkl;:」

1 Comments:

Blogger pero said...

なんか調子もどんないや。駄目だ。

12:23 午前  

コメントを投稿

<< Home