日曜日, 6月 26, 2005

--prison--(訳)

誰も僕の事を見てくれない

誰も僕の事を知ろうともしない


そんな事なんか気にせずに歩く僕

いつも一人で歩く長い長い道のり


寂しいなんて思ったこともないし

別にどうなってもいいやって思ってた


だるい足取りで学校へ向う途中

君の姿に心奪われてたんだ


クラスの皆から常に軽蔑されてる僕だけど

君だけはいつも僕を気遣ってくれたよね

その優しさだけは凄く嬉しいよ

でも心配しないで、もう慣れたんだ


誰も僕の事に気付く奴はいない

誰も僕の事を助けてくれたりもしない


まるで牢獄みたいな所に閉じ込められてるみたいだけど

僕はそこでずっとずっと暮らしてるんだ


寂しいなんて思ったことはないけど

君が居なくなるなら、命なんか惜しくないよ


僕の心の牢獄から

君の笑顔という光がさしているから


クラスの皆から常に軽蔑されてる僕だけど

君だけはいつも僕を気遣ってくれたよね

その優しさだけは凄く嬉しいよ

でも心配しないで、もう慣れたんだ



常に誰もに忌み嫌われているから

傷がつかないようにこの牢屋を作ったんだ

誰かに傷付けられるたびに

逃げて、逃げて、逃げて、逃げて、逃げて、逃げ込んだ.....!!!


でも、そんな幾つもの傷だって、

君の顔、君の体、君の優しさに癒されていく........



何かに怯え続けて作った牢屋は

音を立てて綺麗に崩れていった

こんな牢屋の中の景色なんかよりも

素晴らしい世界がそこら中に広がっていた


クラスの皆から常に軽蔑されてる僕だけど

君だけはいつも僕を気遣ってくれたよね

今度一緒に海に行こうよ

君の事をもっともっと知りたいから...






--------------------------------------------------


友人のC君(元ヒッキー)の話を聞いて痛く感動したので書きました。

現在もその彼女とは付き合ってます。

本当の純愛はここにある。ってな感じがしました。


本出したら売れるよ、これ。


【今日の一曲】

Paul Gilbert--Whole Lotta Sonata


クラシックロックというジャンルに入るんでしょうか、

ギターソロなんですけれども、心が落ち着きます。良かったら一度聴いてみてください。